上廣倫理教育アカデミー

    上廣倫理教育アカデミー

アカデミー紹介

 仙台・宮城の公立学校で広がっている「探究の対話(p4c)」。それは,2013年7月ハワイの教員たちが来日した際に,仙台市立若林小学校で初めて紹介されたことから始まります。東日本大震災後,被災地の教育復興に関わる中で,子どもたちの心のケアを重要な課題と認識していた宮城教育大学では,「子どもの哲学(p4c)」が子どもたちの心を癒し開放する効果があると確信しました。

 2014年4月,公益財団法人上廣倫理財団の支援を受け,本学の教育復興支援センター内に上廣倫理・哲学教育研究室を設置しました。そして,2017年4月には,活動の更なる充実と発展を図る目的で「上廣倫理教育アカデミー」として改組・設立しました。

 「上廣倫理教育アカデミー」では,姉妹組織である「ハワイ大学アカデミー」が長年にわたって研究・実践を重ねてきたハワイ型の「p4c(philosophy for children)」を基に,日本の公教育が育んできた教育文化に根差した,学校教育に取り入れやすい「探究の対話(p4c)」として,その普及活動に取り組んでいます。

 将来教壇に立つ学生への指導や現職教員への啓発にも力を入れ,「探究の対話(p4c)」が教育の基盤と位置付けられるよう実践の充実を図ってまいります。現在は宮城県を中心に活動していますが,将来的には,実践から得た知見や研究の成果を広く全国に発信し,日本の教育発展に寄与していきたいと考えております。

「探究の対話(p4c)」という学習

  「探究の対話(p4c)」は,探究の源である「問い」を大切にしています。「不思議だな」「知りたいな」という子どもの「問い」について円座になった参加者が毛糸のコミュニティボールを使って対話を進め,内容を掘り下げながら考えを深めていきます。日々の暮らしや学校での学びの中から生まれた「答えが一つではない問い」について,じっくりゆっくり考える時間は,子どもたちの探究心を育んでいきます。対話をとおして考えを深める「探究の対話(p4c)」という学習は,一人一人が互いを尊重して多様な考え方を共有することのできる心や集団の絆も育み,安心感(知的セーフティ)のあるコミュニティづくりの実践につながっていきます。

注目される「探究の対話(p4c)」

 国立政策研究所・西野総括研究官の言葉

 日本でも,現在「思考力」が非常に重視されていますが,「思考力」を育成することが心のケアや心の癒しにつながるという発想はあまりありません。「思考力」は頭の問題と捉えられ,認知的なスキルであるという意識が強いからです。そんな中,「思考力」を社会性や自分の生き方とつなげて捉えている仙台・宮城の皆様の実践はすばらしいと思います。「問い」が大事であるということも,学習指導要領でクローズアップされています。とりわけ,誰も見つけてはくれない人生についての大事な「問い」を自ら見つけていく力を育てていってほしいと思います。そして,「探究の対話(p4c)には,そのための大きな可能性があると確信しています。

 学校教育の中では,「楽しいだけでいいのか」という問題が必ずと言っていいほど出てきますが,「楽しい」ってとても大事なことです。決してそれを奪わないでください。子どもたちが「あ,今日はいっぱい話せて楽しかったな」と感じる経験をすることが大事です。考えることを楽しいと思ってほしいのです。楽しくて手応えのある授業を「探究の対話(p4c)」で,仙台・宮城から発信していってほしいと願っています。

アカデミーの活動について

探究の対話(p4c)を学校現場に普及しています

 宮城県内を中心に,小学校・中学校・高等学校に出向いて実践研究を行っています。

実践に取り組む先生方を支援しています

 実践に取り組む先生方や興味を持たれた先生方を対象に,研修会を行っています。

大学生・高校生を対象とした研修を行っています

 「探究の対話(p4c)」に関心のある大学生や高校生を対象に,研修(ファシリテーター養成,学生ゼミ=Pすくーる)を行っています。

「探究の対話(p4c)」のエビデンスを得るために,実践に基づいた研究を行っています。

 学内の研究者とプロジェクトを組み,共同して研究を深めています。

1年間の取組

フォーラム

 私たちの活動を広く知っていただくために,年に1回(11月末頃)開催しています。

 第5回となった令和元年度は,1日目に小中学校での公開授業と分科会を設け,2日目には鼎談や研究・実践発表を行いました。宮城県内はもとより,県外からも参加者があり,全国的に注目を集めています。

ハワイとの交流

 日米教員交流事業として,毎年,小中高の教員がハワイと宮城をそれぞれ訪問しています。互いの訪問校で授業見学をしたり,実際にp4cの授業に参加したりして,教員同士が意見の交流を行い,p4cのよさについての理解を深める機会としています。

さまざまな研修

<出前授業・職員研修>
 県内の小・中学校,高等学校からの要請を受けて,学校に出向いています。 実際に学級に入って子どもたちとコミュニティボールづくりやp4cの体験,道徳の授業などを実施しています。

 また,職員研修として,p4cについての講話と演習を行っています。

<定例研修会> 
 仙台と白石で定期的に実施している教師のための研修会です。

 テーマに沿って実践を報告し合ったり,研究者の話を聞いたりしながら,それぞれの経験に応じてブラッシュアップできる研修会です。

<ファシリテーター養成研修>
 「探究の対話(p4c)」に関心のある大学生や高校生対象の研修です。自分たちでp4cを進めることのできる力を養います。

<サテライト研修(p4cトーク)>
 仙台市内3か所の小中学校を会場に「p4cトーク」を行っています。p4cに関する疑問や悩みを気軽に語り合い,明日の実践につなげる研修です。

キャンプ

 国立花山青少年自然の家を会場に,「体験活動とp4cの融合」をプログラムに取り入れたキャンプ(夏・春)を行っています。

 p4cキャンプでは,児童生徒のコミュニケーション力や思考力・表現力などの育成を目指します。本学の学生や高校生のためのファシリテーター養成研修や学校統合を控えている小・中学校を対象にした体験活動を実施しています。

お知らせ

動画資料集を公開しました

動画資料集を公開しました

探究の対話(p4c)の真髄に触れる動画と授業への生かし方を伝える動画を制作しました! 是非,ご覧ください。



左側にあるこれと同じ大きなアイコンをクリックして下さい。

7月分

7月分

◎7月1日(水)蔵王町立宮小学校 p4c出前授業

◎7月2日(木)登米市立浅水小学校 p4c出前授業 職員研修

◎7月6日(月)蔵王町立遠刈田小学校 p4c出前授業 職員研修

◎7月8日(水)宮城県 松島自然の家 p4c職員研修

◎7月8日(水)蔵王町立宮小学校 p4c出前授業

◎7月15日(水)蔵王町立宮小学校 p4c出前授業 職員研修

◎7月15日(水)児遊の杜 p4c職員研修

◎7月17日(金)白石市管理職p4c研修

◎7月30日(木)登米市立宝江小学校 p4c出前授業 職員研修

6月分

6月分

◎6月4日(木)宮城県岩ヶ崎高校 p4c出前授業

◎6月4日(木)蔵王町立遠刈田小学校 p4c出前授業

◎6月18日(木)丸森町立舘矢間小学校 p4c出前授業

◎6月19日(金)杜のひろば 八木山 p4c出前授業

◎6月24日(水)蔵王町立宮小学校 p4c出前授業 p4c職員研修

◎6月24日(水)宮城県立支援学校女川高等学園 p4c職員研修

⭐︎新型コロナウィルス感染予防対策について,事前に各学校と相談の上,職員研修・出前授業を行っています。

5月分

5月分

◎5月28日(木)登米市立北方小学校 p4c職員研修

新型コロナウィルス感染予防対策について,事前に各学校と相談の上,職員研修・出前授業を行うことにしました。 

番組をご覧になってのご感想やご意見は当アカデミーのメールにお寄せください。 

p4c@adm.miyakyo-u.ac.jp


イベントカレンダー

<< 7月 2020 >>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

Count per Day

  • 15011総閲覧数:
  • 5今日の訪問者数:
  • 13昨日の訪問者数: