20137月、ハワイから来日した教員たちが、ハワイスタイルの「子どもの哲学(p4c)」を紹介してくれたことから仙台・宮城の公立学校で広がり始めました。東日本大震災後、宮城教育大学で被災地の教育復興に寄与する活動を展開していましたが、被災した子供たちの心のケアの重要性を強く認識して いました。そうした中、「探究の対話(p4c)」が子供たちの心を癒し開放する効果があると確信し、公益財団法人上廣倫理財団のご支援を受け、教育復興支援センター内に上廣倫理・哲学教育研究室を設置しました。そして20174月から、活動のさらなる充実と発展を図る目的で、「上廣倫理教育アカデミー」として改組・設立いたしました。

 「上廣倫理教育アカデミー」では、姉妹組織である「ハワイ大学上廣アカデミー」が長年にわたり研究・実践を進めて来た「p4c(philosophy for children)」を基盤として活動することとしています。日本の公教育が育んで来た教育文化に立脚し、学校教育に取り入れやすい「探究の対話(p4c)」として、宮城県内を中心に普及発展に取り組んで参ります。

 将来、教壇に立つ学生への指導や現職教員への啓発にも力を入れ、「探究の対話(p4c)」が教育の基盤と位置付けられるよう実践の充実を図ります。さらに、将来的には、実践から得た知見や研究の成果を広く全国に発信し、日本の教育の発展に寄与していきたいと 考えています。

 
 私たちが目指すもの
 
 主体的・対話的な学び方を身に付け、課題を解決する力を伸ばしながら、自己の生き方について深く考える子供の育成を目指しています。

 目指すのは、探究心豊かな子供の育成   

   簡単には答えを出せない問いに対しても、真剣に向き合いながら探究する力を育む


 考えを深める「探究の対話」 の方法   

   対話を通して他者と問いを共有し、さまざまな視点から考えを掘り下げていく


 基盤となる安心できるコミュニティ 深い対話を実現するために、心に浮かぶ考えを素直に分かち合える仲間をつくる

 
みやぎで広がる「探究の対話(p4c)」
 

 東日本大震災を機に、ハワイ・ワイキキ小学校と交流が始まった仙台市立若林小学校。そこで、ハワイで展開していた「p4c(philosophy for children)」を紹介されたのがすべての始まりでした。「探究の対話(p4c)」 の有用性に気づき、学校現場における日々の教育活動に取り入れようと考えた教員や大学の研究者などによって生み出された集まりが、「探究の対話(p4c)みやぎ」です。

 活動の目的 は、 ①被災した宮城の子供たちの 「生き方教育」の推進 ②学校教育目標の具現化 ③地域・学校・学級の課題解決 ④教育者同士の学びのコミュニティ構築 です。 私たちは、限られた一部の学校ではなく、普通の公立学校の中で実践が広がることを目指しています。

 そのために、基盤となる理念を守りつつも、学校の普段の教育活動の中に定着させるために研究を進めています。国語、道徳、学級活動、外国語活動、総合的な学習など、各教科や領域の学習に生かす方法を探りながら、実践を重ねています。


 
「探究の対話(p4c)」という学習
 
 「探究の対話(p4c)」では、子供たちが問いや考えを共有しながら、テーマについて理解を深めるための対話を行います。子供(または教師)が問いを立て、皆で円座になって対話をし、内容を掘り下げながら考えを深めていきます。 日々の暮らしや学校での学びの中から生まれた問いについて、ゆっくりじっくり考える時間をつくり、「知りたい!」と思うことをみんなで一緒に探究していきます。問いや考えを分かち合うことのできるコミュニティづくりから始め、深く深く考えを掘り下げるスキルを学んでいきます。
 
「探究の対話(p4c)」の意義  ~「p4c」に取り組むことで見えてくる可能性~

確かな学力の向上を実現できる  

   学ぶ意欲を養い、主体的に判断し行動する力を培うことができる。


きる意味、命の尊さを学ぶことができる  

   人としての根源的な問題を探究できる。

いじめ問題への有効な解決策となる  

   互いを尊重し、人間関係の絆が深まり、市民性育成にも役立つ。 (学びのセーフティの構築)

豊かな心を育む情操教育の取組みを強化することに役立つ  

  コミュニケーション能力の育成により、思いやりのある言葉遣いや行動のあり方を自然に学び合うことができる。 

 
「探究の対話(p4c)」のルーツ

p4c
philosophy for children
 

 子供とともに行う対話型の教育です。 幼稚園・保育所から小・中・高校まで実施されており、ヨーロッパからアジアまで、世界各地で取り組まれています。


 ハワイにおける「p4c 

  1980年代半ばに、ハワイ大学のトーマス・ジャクソン教授が、オアフ島の小学校で始めました。以後、オアフ島を中心に初等・中等教育のさまざまな教室の中に導入しています。ワイキキ小学校、アイエア中学校、カイルア高校などでは、通常科目の中などに取り入れています。

 

注目される「探究の対話(p4c)」
 
第2回フォーラム・西野総括研究官の言葉より
 

 日本でも、現在「思考力」が非常に重視されていますが、「思考力」を育成することが心のケアや心の癒しにつながるという発想は、あまりありません。「思考力」は頭の問題と捉えられ、認知的なスキルであるという意識が強いからです。そんな中、「思考力」を社会性や自分の生き方とつなげて捉えている仙台・宮城の皆様の実践は素晴らしいと思います。問いが大事であるということも、次の学習指導要領でクローズアップされています。とりわけ、誰も見つけてはくれない人生についての大事な問いを自ら見つけていく力を育てていってほしいと思います。そして、「探究の対話(p4c)」には、そのための大きな可能性があると確信しています。

 学校教育の中では、「楽しいだけでいいのか」という問題が必ずと言っていいほど出てきますが、「楽しい」ってとても大事なことです。決してそれを奪わないでください。子供たちが、「あ、今日はいっぱい話せて楽しかったな」と感じる経験をすることが大事 です。考えることを楽しいと思ってほしいのです。楽しくて歯ごたえのある授業を「探究の対話(p4c)」で、仙台・宮城から発信していってほしいと願っています。

 


 スタッフ紹介
    トップページにもどる